ヘアカラーダメージ

ヘアカラー髪の毛痛みすぎてやばい

ヘアカラー髪の毛痛みすぎてやばい

ヘアカラーで髪がこんなヤバい事に・・・

キレイに黒髪がヘアカラーをしたら髪の毛先だけめっちゃパサつく ヘアカラーをしたらセットする時まっすぐにはなるものの乾燥みたいになります。 おしゃれなカラーリングにしたつもりが髪が乾燥して老けた感じがする ブリーチしたら髪の毛がパサパサできしんでいるので髪の毛のセットなどがしずらく、困っている ヘアカラーでのダメージで髪が広がりやすくなった

ヘアカラーでこんなに髪質がかわるなら染めなきゃよかった

ヘアカラー髪の毛痛みすぎてやばい 「これ何?髪ごわごわじゃん」と落ち込んだことを覚えています。
美容師さんからは「きちんとトリートメントすればいいですからね」と言われたものの納得ができませんでした。
「ここでは二度とカラーしない」と決めて帰ったことを覚えています。
それから鏡を見て、自分の目で見て「染めるんじゃなかった」と凹んで後悔の底に沈んでいました。
友だちから「失敗じゃん」と揶揄われるのが嫌で、髪の毛を結って、さらには帽子まで被って、極力過ごしていました。
 

髪質が悪くなる原因が○○です

髪には保湿を保つため、水分を逃がさないように髪にキューティクルというバリアがあります。 しかしヘアカラーをする時にこのバリヤがあると髪にキレイに色を入れる事ができない為、バリアを解除する必要があります。 これがキューティクルを広げるという作業です。 キューティクルを広げる事で色が入りやすくなりきれいな色合いになる。 しかしこの広げたキューティクルをしっかり元に戻す為のヘアケアをしないと広がったキューティクル部分から乾燥が始まる 広がった時間が長いと髪の水分がだんだんとなくなり髪の乾燥によりパサパサ、チリチリ、まとまりが悪い髪質になる
美容師
一般的にヘアカラーは髪にダメージを与えるんですよね。ヘアカラーの性質上どうしてもキューティクルを広げてそこにカラーをしみこませるのでどうしても痛みます。その後のヘアケア次第ではかなり髪質の良い状態を保てるが、ヘアカラー後のお手入れをしっかりできない人は痛むのが早いですね。ポイントはキューティクルのコーティングです。めんどくさがりの人はトリートメントと併用して、髪の水分を閉じ込めるコラーゲンヘアアイロンもおすすめです。

使ってよかったトリートメント口コミ

ヘアカラーでダメージを受けて髪の状態が悪化!せめてヘアカラーをする前の髪質に戻したい・・・。欲を言えばツヤツヤの髪、サラサラの髪にしたいと思い何か改善策はないかなと思って試した商品ですが

私が買ってよかった商品は「クロマ アブソリュ ケラスターゼ トリートメント フォンダン シカクロマ」です

ヘアカラーで痛んだ髪にショックだったけど、使った結果指通りに感激

ヘアカラー髪の毛痛みすぎてやばい同じシリーズのシャンプー、ヘアマスク、洗い流さないタイプのトリートメントも使っていました。
そして、ごわごわが徐々に減ってきました。
オイルをたっぷり塗ってしまうと、ペタッとなる細い髪質だったため「ゆっくり丁寧に、焦らずいこう」と言い聞かせてケアしていました。
髪の毛のごわごわが減って、指通りもよくなったと実感できたときは「良かったぁー!」と叫びたくなるほど嬉しかったです。
髪を結んで誤魔化していましたが、下ろしたままでも自分が良しと思えるときまできたときは「良くなったよね?!」と友だちに何度も言っていました。

-ヘアカラーダメージ

Copyright© 髪の毛の水分を逃がさない保湿のポイント , 2023 All Rights Reserved.